絵本図書館



   ねこの切ない気持ちが伝わるお話しです。

小さな子どもたちはもちろん、小学生から大人まで
聞き入ってしまうような作品です。

お話しの内容から、自分の体験を想像して
優しい気持ちになれます。

 ねぇだっこして

竹下 文子 文
田中 清代 絵

金の星社


   絵のかわいらしさと名前の面白さで、どの年齢でも楽します。

誰もが経験している、ぬいぐるみとの思い出。

ぬいぐるみの気持ちになった表現が、何とも言えず
切ない気持ちになります。

場面転換の「ゆるせな〜い」が面白さを引き出します。

ほげちゃんの気持ちを想像しながら・・・
最後は、ほのぼのした気持ちなって、ほっとします。

 ほげちゃん

やぎ たみこ 作

偕成社


   みみかきやの「ひょうーたんせんせい」と
弟子の「ひょうすけ」との掛け合いが
とても楽しい絵本です。

最後には、意外なお客さまも・・・

きょうーたんせんせいとひょうすけの
のんびりとした様子にほっこりと癒されます。

 みみかきめいじん

かがくいひろし 作

講談社


   絵画のように美しい絵本です。

一本のロウソクを通して
一人の女性の人生をやさしく照らすように
見せてくれます。

どんなときにも静かに寄り添う小さなあかり。

誰かの小さなロウソクでありたい・・・。

 あかり

林木林 文

岡田 千晶 絵


   色使いも構図も鮮やかで
「前向きに生きていこうよ!!」
という作者の声が聞こえてきます。

圧倒的な迫力を感じる
大人も楽しめる絵本です。

 とべ バッタ

田島 征三 作

偕成社


  2冊の絵本からなっています。

パステルカラーの可愛らしい色使い・・・

単純で身近な題材で
小さい子どものたちの導きになっています。

黒い目、赤い口が特徴で
ほのぼのとした雰囲気が印象的です。

といれ・おふろ

新井 洋行 作

偕成社


  とても美しい秋のようすが伝わってきます。

夏と冬の間に訪れる
色鮮やかで、絵の具をちりばめたような風景。

季節を感じられる一冊です。

 なんのいろ あき

ビーゲンセン 作
永井 郁子 絵

絵本塾出版